LOGO

目次

学会からのお知らせ

第18回学会賞候補の推薦募集

日本人口学会では、人口学分野における会員の優れた著書、論文、その他の業績に対して学会賞を授与しています。学会賞の授与は隔年行うことになっており、今回は第18回学会賞として2022年開催予定の第74回大会で授与されます(過去の受賞者・対象業績については学会ホームページの「学会賞」のページをご覧ください。

つきましては、学会賞、優秀論文賞、および普及奨励賞の候補著作にふさわしいと思われるものを会員の皆様にご推薦くださるようお願い申し上げます。推薦は何点でも結構です。推薦の締切りは2021年11月30日です。選考の対象となる業績の刊行時期は2019年1月~2020年12月です(刊行物の奥付による)。

推薦は自薦、他薦を問いません。ご記入いただいた推薦書(様式はここからダウンロード可能)は、電子メ-ルで下記へお送りください。送付の際、件名を「学会賞推薦」として、記入済み様式を添付ファイル(PDFファイルにしていただけると助かります)の形で下記のアドレスへお送りください。積極的なご推薦をお願い申し上げます。


推薦依頼
1.学会賞候補(2019年1月~2020年12月刊行の著書)
2.優秀論文賞候補(同上期間刊行の論文)
3.普及奨励賞候補(同上期間刊行の翻訳書・研究調査報告書・一般啓蒙書)
(送り先)
日本人口学会 学会賞選考委員会委員長 山内昌和
E-mail: yamauchi-masa[atmark]waseda.jp(注:[atmark]は半角の@です)

推薦書ご記入にあたって

学会賞選考委員会における選考の候補リストは、①『人口学研究』掲載論文、②会員からの申告による業績(『人口学研究』収載)、③会員からの推薦(推薦書の様式はここからダウンロード可能)、④学会賞選考委員の推薦、以上4通りの資料に依ります。したがって①と②は自動的に候補リストに含まれますが、それ以外の業績は会員の推薦がない場合には候補リストに挙がりません。

推薦されるにあたり、上記②すなわち機関誌『人口学研究』に掲載されている「会員人口関係研究文献情報(2019年1月~12月)」および「会員人口関係研究文献情報(2020年1月~12月)」が参考になるかと存じます。ただし、この文献情報は会員の自己申告に基づいていますので、未申告の業績もあると考えられます。会員の皆様におかれましては、このような点に留意され、とりわけご自身のご関心のある分野に目配りしていただき、積極的に推薦くださるようお願い申し上げます。

なお、各賞につき複数の推薦をすることも可能です。その場合には、必要事項(推薦書の様式を参考にして下さい)をとりまとめた独自様式のファイルでご提出いただいても構いません。どうぞよろしくお願い申し上げます。




2020年会員人口関係研究文献の情報提供のお願い

日本人口学会編集委員会

日本人口学会会員みなさま

『人口学研究』編集委員会からのお願いです。

日本人口学会の機関誌『人口学研究』は,毎年「会員人口関係研究文献情報」を掲載しています。これは,会員から提供される情報をもとに日本における直近の人口関係の研究文献情報を網羅するものです。長年にわたって蓄積された当該情報は,学会ホームページ上でも検索可能な形で公開され(http://www.paoj.org/pajfind.htm),また学会賞検討の際にも参照されます。

Googleやresearchmapなど既存の検索サービスでも情報が収集しやすくなりましたが、人口学の分類別に文献情報が一覧できるシステムは他にはなく、運用を継続しています。

本日より、2020年の1年間に公刊された、人口関係研究文献情報(それ以前の未掲載分を含む)の登録を開始します。今回収集される「文献情報」は『人口学研究』第57号に掲載され,その後データベースに登録されます。ご多忙のところ恐縮ではありますが、ご自身が執筆・関与されました文献情報の提出を、下記の要領にてご登録ください。なお、皆様の入力の便を考え、昨年度までの様式を簡略化し、一つのシートにまとめて入力するようにいたしました。ご協力の方、よろしくお願いします。

1.対象となる文献
会員が執筆し,2020年1月1日から12月31日までに,単行本,雑誌,報告書等の図書によって刊行された人口学または人口に関する論文,研究ノート,資料,書評など。(2019年以前の発表のものでも,従前の「研究成果(業績)目録」に未掲載のものは含めます。)
2.作成・送付方法
こちらのリンク先Excelファイルに記入し、2021年7月11日(日)までに jps-editor[at]paoj.org([at]は半角@)に送付してください。
3.内容分類コード
記載する内容分類コードは,下記に従ってください。
※1文献あたりコードは3つまでです。
01人口学方法論・人口理論
02人口問題・人口思想
03人口史・歴史人口学
04経済人口学
05社会人口学
06地域人口学
07生物学的・医学的人口研究
08形式人口学・数理人口学
09人口統計論
10人口増加・人口減少
11人口構造・人口高齢化
12人口移動・都市化
13人口分布・地域人口
14出生・少子化
15死亡・疾病
16結婚・離婚
17家族・世帯
18労働力・失業
19人口推計
20人口政策
21家族計画・リプロダクティブヘルス
22応用人口学
23人口学全般
24その他

どうぞよろしくお願いします。



研究企画委員会からの報告募集

「人口からみた社会経済の理解の新次元、新たな歴史像、地域像、民衆像の提案」に関する研究報告を募集します。詳細は,このpdfファイルをご覧ください。

基準人口に関する厚生労働省から日本人口学会への意見照会について

2020年6月18日付けで、基準人口の検討に向けた検討会の報告書が厚生労働省HPに掲載されました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07161.html

厚生労働省の人口動態統計における年齢調整死亡率の算出にあたっては、平成2年より昭和60 年モデル人口(昭和60年の国勢調査人口を基に補正した人口)を用いてきましたが、高齢化が進み、当時の人口構成とは異なっていることから、新たな基準人口の改訂に係る検討を行うことを目的とした「基準人口の改訂に向けた検討会」が、2019年10月~2020年5月、厚生労働省において開催されました。この検討会では、基準人口の改訂に関し、厚生労働省から関係学会に対する意見照会が行われましたが、日本人口学会にも「意見照会(依頼).pdf」の通り依頼があり、これに対して人口学の専門家としての見地から、「意見照会(回答).pdf」の通り、日本人口学会としての意見を提出しました。

以上お知らせ申し上げます。




本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示
Copyright (C) 日本人口学会広報委員会,2000-.
All Rights Reserved.
First drafted on August 30, 2000
Last revised on May 29, 2021