LOGO

地域部会

日本人口学会では、現在4つの地域部会が活発に活動を行っています。各部会の現在ならびに過去の活動についてはそれぞれのお知らせを参照ください。


東日本部会


2019年度第2回東日本地域部会開催のお知らせ(第3報)(2020年8月20日)

延期しておりました地域部会を,2020年9月19日(土)10:00~12:00にzoomを用いたweb上で開催することとしました。人口学会会員の方はもとより,一般の方の参加も歓迎致します(参加費は無料です)。

地域部会参加には事前登録が必要です。
リンク先のフォームに必要事項をご入力ください(フォームへの入力がうまくいかない場合,萩原(hagi[ at ]myu.ac.jp: [ at ]は@に変換)までメールにてご連絡ください)。手続きの必要から,9月11日(金)までに事前登録ください。

日本人口学会2019年度第2回東日本地域部会プログラム

日時:2020年9月19日(土) 10時00分 ~ 12時00分
zoomを用いたweb上での開催(詳細は事前登録をいただいた方に連絡します)
報告
  1. 企画セッション「環境と人口」趣旨説明 小西祥子
  2. 「2020年パンデミックと社会経済環境:人口史的アプローチ」 斎藤修
  3. 「人口の長期波動と環境変動」 鬼頭宏
  4. 「腸内細菌と寿命」 高安伶奈
  5. 全体討論

*報告はそれぞれ質疑応答を含めて25分,全体討論は30分を予定しています。

みなさまのご参加をお待ちしております。



2019年度第2回東日本地域部会プログラム(第2報)(2020年2月28日)

会員の皆様

宮城大学の萩原です。

2019年度第2回東日本地域部会開催のお知らせを以下の通りお知らせしたところですが,コロナウイルス蔓延によるパンデミックが懸念される中,その対策として学会を含めた多くの集会の自粛の動きが出ています。

開催地が東京であり,長距離移動される方の感染リスクが心配されること,機関によっては出張などにも制限される可能性もあることなどから今回の東日本地域部会を延期することとしました。延期後の日程などは後日お知らせします。

ご予定を立てられた方には大変申し訳ありません。

お手数をおかけしますが,どうぞよろしくお願いします。



2019年度第2回東日本地域部会プログラム(第1報)(2020年2月18日)

以下の要領で、2019年度第2回の東日本地域部会を開催します。今回は企画セッションとして以下のプログラムで開催することとなりました。 人口学会会員の方はもとより,一般の方の参加も歓迎致します。(参加費は無料です)。必要であればご関心のある方に本メールを転送いただければと思います。

みなさまの積極的なご参加をお願いいたします。

参加フォームにて,参加登録をお願いします。

人口学会東日本地域部会プログラム

日時
2020年3月22日(日)午後2時から4時30分
場所
東京大学医学部教育研究等13階 第5セミナー室
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html
プログラム
1.企画セッション「環境と人口」趣旨説明 小西祥子
2.「飢饉と人口」斎藤修先生
3.「人口の長期波動と環境変動」鬼頭宏先生
4.「社会環境と妊孕力」 小西祥子・玉置えみ
5.「腸内細菌と寿命」 高安伶奈

*終了後、17:00頃から懇親会の開催を予定しております。参加を希望される方は上の参加フォームにて,参加登録をお願いします。



2019年度第1回東日本地域部会プログラム(第5報)

会員の皆様

宮城大学の萩原です。

延期した東日本地域部会のプログラムに変更がありますので,以下に示します。

合わせてPDFを添付します。

不備があった場合は修正しますので,ご連絡下さい。

よろしくお願いします。

  1. ○原俊彦(札幌市立大学 名誉教授),結婚・出生タイミングの遅れと出生力低下の関係,13:30 - 13:55
  2. ○清水昌人(国立社会保障・人口問題研究所)、小池司朗(国立社会保障・人口問題研究所),2地域モデルを用いた大都市圏出生者割合の分析,13:55 - 14:20
  3. ○小池司朗(国立社会保障・人口問題研究所),近年における外国人の地域別人口動向,14:20 - 14:45
  4. ○丸山洋平(札幌市立大学),札幌市の人口移動ー道内・道外移動の男女差に着目してー,14:45 - 15:10
  5. ○中出 章太(北海道総合政策部地域創生局地域戦略課),北海道人口ビジョンの検証と次期北海道創生総合戦略策定の方向性について,15:10 - 15:35
    (休憩)15:35 - 15:50
  6. ○鎌田健司(国立社会保障・人口問題研究所),小池司朗(国立社会保障・人口問題研究所),山内昌和(早稲田大学),移動経歴が初婚行動に与える因果効果の推定,15:50 - 16:15
  7. ○貴志匡博(国立社会保障・人口問題研究所),小池司朗(国立社会保障・人口問題研究所),国勢調査人口と住基人口の差異 ―年齢、地域別の傾向―,16:15 - 16:40
  8. ○長谷川普一(新潟市GISセンター),国勢調査と行政情報の統合ミロデータについて,16:40 - 17:05
  9. ○菅桂太(国立社会保障・人口問題研究所)、石井太(慶應義塾大学)、別府志海(国立社会保障・人口問題研究所),日本版地域別死亡データベースの作成と今後の課題,17:05 - 17:30
  10. ○佐々木優二(北海道立総合研究機構),東川町における移住起業家と移住者の転入要因に関する研究,17:30 - 17:55


2019年度第1回東日本地域部会変更後開催日のお知らせ(第4報)

会員の皆様

宮城大学の萩原です。


以下の通り東日本地域部会を延期しましたが,その振り替えを11月24日(日)にします。場所は札幌市立大学サテライトキャンパスで変わりありません。

演題をご提出いただいた先生で11月24日のご都合が悪く参加できない場合は,恐れ入りますが萩原(hagi@myu.ac.jp@)までご連絡ください。

次はトラブルのないことを祈りつつ,札幌でお会いできることを楽しみにしております。よろしくお願いします。



2019年度第1回東日本地域部会開催延期のお知らせ(第3報)

会員の皆様

宮城大学の萩原です。


2019年度第1回東日本地域部会開催のお知らせを以下の通りお知らせしたところですが,今週末に台風19号が接近し,関東では12日夜から,北海道では13日午前から暴風警戒になることが予測されています。

開催地が札幌であり,飛行機の欠航による影響が大きく,リスクも高いこと,参加・発表を予定されているかたより延期の希望があることなどから,今回の東日本地域部会を延期することとしました。延期後の日程などは後日メールにてお知らせします。

ご予定を立てられた方には大変申し訳ありません。お手数をおかけしますが,どうぞよろしくお願いします。



2019年度第1回東日本地域部会開催のお知らせ(第2報)

会員の皆様

宮城大学の萩原です。


先日は2019年度第1回東日本地域部会への参加登録申し込みありがとうございました。プログラムを作成しました。以下に掲載します。あわせて,プログラムのPDFを添付します。申し込まれたみなさまはプログラムをご確認いただき,不備がないかチェックいただきたく,よろしくお願いします。

一人当たりの発表時間は25分を予定しています。配布資料がある場合は20分ほどご持参ください。

なお,webフォームによる登録はされていないものの,参加される予定がある方がいらしたら,是非お願いします。懇親会も催されますので,web上の登録がまだで参加される場合は萩原(hagi[at]myu.ac.jp)までご一報いただければと思います。

それでは札幌にてお会いできることを楽しみにしております。よろしくお願いします。

日本人口学会2019年度第1回東日本地域部会プログラム

日時:
2019年10月12日(土) 13時30分~18時00分
会場:
札幌市立大学サテライトキャンパス
(http://www.scu.ac.jp/campus/satellite/)
〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45ビル12階  Tel 011-218-7500
報告:
1 ○原俊彦(札幌市立大学 名誉教授),結婚・出生タイミングの遅れと出生力低下の関係,13:30 - 13:55
2 ○清水昌人(国立社会保障・人口問題研究所)、小池司朗(国立社会保障・人口問題研究所),2地域モデルを用いた大都市圏出生者割合の分析,13:55 - 14:20
3 ○小池司朗(国立社会保障・人口問題研究所),近年における外国人の地域別人口動向,14:20 - 14:45
4 ○丸山洋平(札幌市立大学),札幌市の人口移動ー道内・道外移動の男女差に着目してー,14:45 - 15:10
5 ○中出 章太(北海道総合政策部地域創生局地域戦略課),北海道人口ビジョンの検証と次期北海道創生総合戦略策定の方向性について,15:10 - 15:35
(休憩) 15:35 - 16:00
6 ○鎌田健司(国立社会保障・人口問題研究所),小池司朗(国立社会保障・人口問題研究所),山内昌和(早稲田大学),移動経歴が初婚行動に与える因果効果の推定,16:00 - 16:25
7 ○貴志匡博(国立社会保障・人口問題研究所),小池司朗(国立社会保障・人口問題研究所),国勢調査人口と住基人口の差異 ―年齢、地域別の傾向―,16:25 - 16:50
8 ○長谷川普一(新潟市GISセンター),国勢調査と行政情報の統合ミロデータについて,16:50 - 17:15
9 ○菅桂太(国立社会保障・人口問題研究所)、石井太(慶應義塾大学)、別府志海(国立社会保障・人口問題研究所),日本版地域別死亡データベースの作成と今後の課題,17:15 - 17:40

*報告時間は質疑応答を含めて、1件の報告について30分といたします。

*報告者の方で配布資料がある場合は、20部ほどご持参下さい。

*終了後、18:00頃から懇親会の開催を予定しております。参加を希望される方は萩原(hagi[at]myu.ac.jp)までご一報下さい。


2019年度第1回東日本地域部会開催・報告募集のお知らせ

日本人口学会会員各位

宮城大学の萩原@東日本地域部会長です。

夏休みのところ大変恐縮ですが,2019年度 第1回東日本地域部会開催のお知らせです。

以下の要領で、今年度の第1回の東日本地域部会を開催したいと思います。会員の皆様の積極的なご参加をお願いいたします。

日時:
2019年10月12日(土) 13時30分~17時(予定)
会場:
札幌市立大学サテライトキャンパス
(http://www.scu.ac.jp/campus/satellite/)
〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45ビル12階 Tel 011-218-7500
報告の申し込みについて:
報告はすべて自由論題といたします。報告時間は20分程度を予定していますが、申し込み件数によっては変動します。参加・ご報告の申込みは以下のアドレスにあるフォームにご入力または,電子メールにてお願いします。
フォームのアドレスは以下の通りです。必要事項をご入力の上,「送信(またはsubmit)」ボタンを押してください。
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=mPlH9hjrv0mF4y3GV_95dVnRkpdUdltJrabsTwMr9IVUOFUxTVVYT0JYUVQyQlc0TVRWNVE3S0QyQi4u
電子メールの場合,以下の情報を萩原 潤(hagi[at]myu.ac.jp)までお送りください。
  • タイトル(副題を含む)
  • 報告者ならびに所属(複数の場合は口頭発表者を明示して下さい)
  • 簡単な報告内容(100字程度)
整理の都合上,2019年9月20日ころまでにご連絡ください。

以上,皆様の積極的なご参加,ご報告をお待ちしております。よろしくお願いします。



東日本部会からの過去のお知らせ



関西部会



日本人口学会関西地域部会・2020年度研究会のご案内(第3報)(2021年2月27日)

2021年2月27日

会員の皆さま

1月にお知らせしたように関西地域部会を3月14日に開催します。午前は自由報告、午後はシンポジウム「疫病と人口と社会」です。(詳細はプログラムをご覧ください)

参加ご希望の方は、下記のURLから参加登録をしてください。(登壇者は登録の必要ありません)

〆切は3月10日です。

参加登録申し込み

多数のご参加、お待ちしています。


関西部会長
平井 晶子

神戸大学大学院人文学研究科
657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
hirai[atmark]penguin.kobe-u.ac.jp



日本人口学会関西地域部会・2020年度研究会のご案内(第2報)(2021年1月21日)(pdf版

2021年1月20日
2020年度日本人口学会関西地域部会
平井晶子・中澤 港

■日時:
2021年3月14日(日) 10:00~17:20
■研究会の方法:
Zoomによるオンライン開催(参加申込については後日案内を送ります)問い合わせ先:平井晶子(hirai[atmark]penguin.kobe-u.ac.jp)
■プログラム
10:00 開会の挨拶 平井晶子(神戸大学)
10:10 司会:中澤 港(神戸大学)
10:10 自由報告① 吉田俊文(慶應義塾大学)
「青年前期における離家意欲――家庭内の葛藤と親密さの影響」
10:50 自由報告② 林玲子(国立社会保障・人口問題研究所)
「戦前の人口移動に関わるデータについて-寄留統計と海外在留邦人数統計の例」
11:30 お昼休み
12:30 シンポジウム「疫病と人口と社会」 趣旨説明 平井晶子
第I部(12:40~14:00)司会:丸山洋平(札幌市立大学)
12:40 第一報告 中澤 港(神戸大学)
「人口規模と感染症の関係」
13:20 第二報告 逢見憲一(国立保健医療科学院)
「スペインかぜ流行とわが国の衛生行政:内務省衛生局『流行性感冒予防心得』と大日本私立衛生会『予防注意書』の比較を中心に」
休憩
第II部(14:10~15:30) 司会:平井晶子
14:10 第三報告 沢山美果子(岡山大学)
「中津川の村々の天然痘流行と米沢藩の人口増加政策」
14:50 第四報告 中島満大(明治大学)
「長崎野母村における死亡クライシスとその波及」
休憩
 第III部(15:40~16:20)司会:高橋美由紀(立正大学)
15:40 第五報告 溝口常俊(名古屋大学)
「信州松本『北内田村宗門改帳』にみる家族構成とその変化」
全体討論(16:20-17:20)
討論者:川口洋(帝塚山大学)・中里英樹(甲南大学)


関西部会からの過去のお知らせ



中部部会


2020年度中部地域部会総会・研究会のお知らせ(第2報)

日本人口学会員の皆様

中部地域部会長の松田です。

1 日 時
令和2年12月5日(土) 14:00~16:40
(13時30分~13時50分 中部地域部会総会)
2 会 場
オンライン会議(Google Meetを使用予定)
※オンライン会議の参加人数の制約があるため、参加者を希望される方でまだ申し込みをされていない方は、11月30日までに松田に参加申し込みをしてください。
※参加者には、前日までに会議URLをお知らせします。
3 会議
13:30〜13:50 中部地域部会総会
4 報告会
14:00〜14:40 丸山洋平(札幌市立大学)「孤立的高齢者の分析-住宅所有関係別に見た遠居子と無子の地域差」
14:40〜15:20 狭間諒多朗(南山大学)「若年Uターン者に関する基礎的分析」
15:20〜16:00 佐々井司(国立社会保障・人口問題研究所)「コロナ禍の人口動態に関する一考察」
16:00〜16:40 吉田俊文(慶應義塾大学大学院)「未婚期における親元同居率の趨勢――「国勢調査(1975-2015)」公表集計を用いた二次分析」
※各報告につき報告25分、質疑15分を予定しています。

松田茂樹 email: matsuda_z113[at] yahoo.co.jp



2020年度中部地域部会総会・研究会のお知らせ(第1報)

日本人口学会員の皆様

中部地域部会長の松田です。

2020年度中部地域部会を下記のとおり開催します。会員各位のご参加・ご報告をお待ちしております。中部地域以外の方のご報告も歓迎いたします。

1 日 時
令和2年12月5日(土) 14時~17時(予定時刻)
 (13時30分~13時50分 中部地域部会総会)
2 会 場
オンライン会議
※具体的な方法は第2報にてご連絡致します。
※オンライン会議の参加人数の制約があるため、参加者(報告者含む)には事前に参加申し込みをお願いする予定です。
※新型コロナウイルスの今後の感染状況が変化した場合、通常の対面会議に変更して開催する可能性もあります。
3 報告の申し込みについて
報告はすべて自由論題といたします。
報告時間は20分を予定していますが、申し込み件数によっては変動します。
報告の申し込みはすべて電子メールで、タイトル(副題を含む)、報告者ならびに所属(複数の場合は口頭発表者を明示)、簡単な報告内容(3行程度)をお知らせください。
申し込みの際、対面会議に変更した場合に、参加・報告可能か否かについてもお知らせください。
なお、報告希望が多数の場合、申し込み時期の早い方から順に採択させていただきます。
期日:令和2年11月16日(月)まで
送付先:松田茂樹 email: matsuda_z113[at] yahoo.co.jp
4 プログラムの公表について
プログラムは11月下旬に日本人口学会のホームページ上で公表する予定です。


中部部会からの過去のお知らせ



九州部会



第80回日本人口学会九州地域部会のご案内

日  時
2019 年2月3日(日)13時30分(13時受付開始)
場  所
長崎大学医学部公衆衛生学講座集会室(医学部基礎棟7階)
プログラム
1.「子どもの体格・体組成と食行動」
  中村晴信(神戸大学大学院人間発達環境学研究科)
2.「長崎県壱岐市における慢性腎臓病(CKD)予防の取り組み」
  有馬久富(福岡大学医学部衛生・公衆衛生学講座)
3.「国際人口移動の概況と移民政策の課題:移民の定義と類型をめぐって」
  佐藤龍三郎(中央大学経済研究所)
参加費
1,000円
懇親会
ベイエリアにある出島ワーフ サルターレ で終了後開催します。 会費 5000円
連絡先
〒842-8595 佐賀県神埼市神埼町尾崎4490-9 西九州大学健康栄養学部
草野 洋介 (tantan811[atmark]yahoo.co.jp)


九州地域部会からの過去のお知らせ


本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示
Copyright (C) 日本人口学会広報委員会, 2000-.
All Rights Reserved.
First drafted August 30, 2000
Last revised February 27, 2021