LOGO

地域部会

日本人口学会では、現在4つの地域部会が活発に活動を行っています。各部会の現在ならびに過去の活動についてはそれぞれのお知らせを参照ください。


東日本部会


2018年度第2回東日本地域部会「性に関する情報と人口」プログラム

日本人口学会会員の皆様

2018年度 第2回東日本地域部会開催のお知らせです。

以下の要領で、2018年度第2回の東日本地域部会を開催します。今回は企画セッションとして以下のプログラムで開催することとなりました。 人口学会会員の方はもとより,一般の方の参加も歓迎致します。(参加費は無料です)。必要であればご関心のある方に本メールを転送いただければと思います。みなさまの積極的なご参加をお願いいたします。

参加フォームにて,参加登録をお願いします。


日時
 2019年3月30日(土)13:30-16:30
場所
 東京大学本郷キャンパス 医学部教育研究棟 13階 第6セミナー室
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html
座長
森木美恵(国際基督教大学)
プログラム
13:30-13:40 小西祥子(東京大学)「企画セッション『性に関する情報と人口』の趣旨説明」
13:40-14:20 林玲子(国立社会保障・人口問題研究所)「『包括的性教育 (Comprehensive Sexual Education)』をめぐる国際的な議論について」
14:20-15:00 橋本紀子(女子栄養大学)「世界から見た日本の性教育」
15:00-15:10 休憩
15:10-15:50 赤川学(東京大学)「明治期の性教育言説」
15:50-16:10 討論 仙波由加里(お茶の水女子大学)
16:10-16:30 総合討論

*終了後、17:00頃から懇親会の開催を予定しております。参加を希望される方は参加フォームにて,参加登録をお願いします。



2018年度第1回東日本地域部会プログラム

日時:
2018年12月9日(日) 13時30分~18時00分
会場:
札幌市立大学サテライトキャンパス
  (http://www.scu.ac.jp/campus/satellite/)
  〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45ビル12階
  Tel 011-218-7500
報告
1.ベイズ型コーホートモデルによる自殺の解析萩原 潤・高橋はるな(宮城大学)13:30 - 13:55
2.日本の地域別将来推計人口からみた将来の死亡数菅桂太・小池司朗・鎌田健司・石井太(社人研)・山内昌和(早稲田大学)13:55 - 14:20
3.日本の地域別将来推計人口からみた将来の出生数,小池司朗・菅桂太・鎌田健司・石井太・岩澤美帆(社人研)・山内昌和(早稲田大学)14:20 - 14:45
4.近年の出生動向と再生産水準回復の可能性:日本の場合原 俊彦(札幌市立大学 名誉教授)14:45 - 15:10
休憩15:10 - 15:30
5.「全国小地域別将来人口推計システム」のデータを用いた人口密度別推計の試み井上 孝(青山学院大学経済学部)15:30 - 15:55
6.岩手県大槌町にみる「仮設住宅を出られない人々」に関する考察飯坂正弘(農研機構・中央農業研究センター)15:55 - 16:20
7.近年の出生動向分析~東北地方の状況について~,佐々井 司(国立社会保障・人口問題研究所)16:20 - 16:45
8.非大都市圏に住む大都市圏出身者の特性清水 昌人(国立社会保障・人口問題研究所)16:45 - 17:10
9.移動経験と生きづらさとの関係に関する試験的分析~よりそいホットラインの継続支援相談者を対象として~丸山洋平(札幌市立大学)17:10 - 17:35
*報告時間は質疑応答を含めて、1件の報告について25分といたします。
*終了後、18:00頃から懇親会の開催を予定しております。参加を希望される方はご一報下さい。


2018年度第1回東日本地域部会開催のお知らせ

2018年10月12日

日本人口学会会員各位
日本人口学会 東日本地域部会長 萩原 潤

下記の要領で、今年度の第1回の東日本地域部会を開催したいと思います。会員各位の積極的なご参加をお願いいたします。

日時:
2018年12月9日(日) 13時30分~17時(予定時刻)
会場:
札幌市立大学サテライトキャンパス
http://www.scu.ac.jp/campus/satellite/
〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45ビル12階
Tel 011-218-7500
報告の申し込みについて:
報告はすべて自由論題といたします。報告時間は20分を予定していますが、申し込み件数によっては変動します。参加・ご報告の申込みはこのリンク先のフォーム)にご入力ください。
または,電子メールでタイトル(副題を含む),報告者ならびに所属(複数の場合は口頭発表者を明示して下さい),簡単な報告内容(3行程度)を添えて以下のメールアドレスまでご送信ください。
期日:
2018年11月17日(土)まで
送付先:
萩原 潤 e-mail: hagi[atmark]myu.ac.jp
その他
第2回東日本地域部会は2019年3月30日に東京大学にて行うことを企画しています。詳細は後日お知らせします。

以上



東日本部会からの過去のお知らせ



関西部会



日本人口学会2018年度関西地域部会の開催のお知らせ

日本人口学会関西地域部会
川口 洋・中澤 港・平井晶子

1.活動計画(2018-2020)
今期の研究課題として,(1)人口学からみた過去・現在・未来,(2)隣接分野との対話を掲げたい。
人口学の役割は,過去・現在の人口変動とその要因を総合的にとらえ,人口変動を時間軸と空間軸のなかに位置づけ,将来予測につなげることにある。そのためには,人口変動の要因となる自然環境,社会環境に注目して,人口学に隣接する諸分野と対話を始めることが喫緊の課題である。
上記の研究課題を達成するために,毎年1回程度の研究会を企画運営する。研究会の会告や報告要旨などを日本人口学会HPや「人口学研究」などに掲載して広報に努める。研究会では,会員・非会員を問わず,幅広い年齢層の研究者から御報告いただき,十分な討論時間を取って議論を深める。参加者が30人を超え,会員の増加に繋がるよう,人口学の活性化に努めたい。
2.2018年度研究会の日時:
2019年3月23日(土)10:00~17:30
3.会場:
京都大学人文科学研究所4階大会議室    http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/access/access.htm
4.会場のPC環境:
会場にPCがありません。パワ―ポイントなどを使って報告される場合には、各自windowsのノートパソコンを御持参ください。macの場合はコネクターを準備します。HDMIの端子は使えない可能性が高いです。
5.会場校の御担当:
藤原辰史・瀬戸口明久(非会員:京都大学人文科学研究所)
6.テーマ:
天明‐天保期の東北地方における気候と人口 -歴史気候学との対話-
7.共催:
環境史研究会,麗澤大学・歴史人口学セミナー
8.趣旨:
研究課題(2)に掲げた課題の理解を深めるために,歴史気候学の研究成果を報告していただき,東北地方で多くの死者が発生した天明‐天保期の気候と人口変動との関係について討論する。今年度研究会は6月1-2日に香川大学で開催される日本人口学会企画セッションの準備会とする。
9.プログラム
開会の挨拶・趣旨説明 川口 洋(帝塚山大学)
第1報告,報告40分,討論20分,司会:藤原辰史(京都大学人文科学研究所)
   日射量でみる天保期 ‐日記天候記録を用いた気候復元‐(市野美夏・人文学オープンデータ共同利用センター)
第2報告,司会:藤原辰史(京都大学人文科学研究所)
   18-19世紀の歴史気候資料による気候復元(平野淳平・帝京大学)
昼休み 12:10~13:00
第3報告,司会:瀬戸口明久(京都大学人文科学研究所)
   18-19世紀の会津郡高野組における天候・作況・農業・人口(川口洋・帝塚山大学)
第4報告,司会:瀬戸口明久(京都大学人文科学研究所)
   18-19世紀の飢饉・短期経済変動と二本松藩の人口(黒須里美・麗澤大学)
第5報告,司会:髙橋美由紀(立正大学)
   東北地方の過去帳からみた18-19世紀の死亡危機(溝口常俊・元名古屋大学)
総合討論:コメント各10分,討論60分,司会:中澤 港(神戸大学)
   討論者:池本裕行(高野山大学),佐藤廉也(大阪大学)、増田耕一(首都大学東京)
閉会の挨拶 村山 聡(香川大学)
10.配布資料
 資料を配布したい先生は,25部持参してください。
11.懇親会会場:
未定
12.報告要旨
 1000字程度,4月10日までに川口宛にwordで提出してください。


関西部会からの過去のお知らせ



中部部会

2018年度中部地域部会総会・研究会のお知らせ(第2報)

日本人口学会会員の皆様

2018年度中部地域部会を下記の通り開催します。

日時
平成30年12月8日(土) 13:30~17:30
会場
南山大学名古屋キャンパスQ棟5階会議室 名古屋市昭和区山里町18
会議
13:30〜13:50 中部地域部会総会
報告会
14:00〜14:40 松浦司(中央大学)“Fertility Intention and Birth Behavior in Japan and Korea”
14:40〜15:20 片山梨奈(青山学院大学)井上孝(青山学院大学)「全国における小地域別慢性腎不全患者数の将来推計(2015-60年)」
15:20〜16:00 小松真治(青山学院大学)井上孝(青山学院大学)「東急電鉄沿線における人口変動と少子高齢化の展望」
16:00〜16:10  休憩
16:10〜16:50 佐々井司(国立社会保障・人口問題研究所)「近年における外国人労働者の動向〜中部地方の状況を中心に〜」
16:50〜17:30 吉田俊文(慶應義塾大学)「親元同居率の趨勢 国勢調査(1975-2015)を用いた二次分析」

※終了後、懇親会(名古屋駅または栄周辺)を予定しております。

報告会に参加をご希望される方は、懇親会の出欠も含めまして水落までご連絡ください。

締切は12月3日(月)とさせていただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。


水落正明
中部地域部会長
mizuochi[atmark]nanzan-u.ac.jp



中部部会からの過去のお知らせ



九州部会



第80回日本人口学会九州地域部会のご案内

日  時
2019 年2月3日(日)13時30分(13時受付開始)
場  所
長崎大学医学部公衆衛生学講座集会室(医学部基礎棟7階)
プログラム
1.「子どもの体格・体組成と食行動」
  中村晴信(神戸大学大学院人間発達環境学研究科)
2.「長崎県壱岐市における慢性腎臓病(CKD)予防の取り組み」
  有馬久富(福岡大学医学部衛生・公衆衛生学講座)
3.「国際人口移動の概況と移民政策の課題:移民の定義と類型をめぐって」
  佐藤龍三郎(中央大学経済研究所)
参加費
1,000円
懇親会
ベイエリアにある出島ワーフ サルターレ で終了後開催します。 会費 5000円
連絡先
〒842-8595 佐賀県神埼市神埼町尾崎4490-9 西九州大学健康栄養学部
草野 洋介 (tantan811[atmark]yahoo.co.jp)


九州地域部会からの過去のお知らせ


本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者の表示
Copyright (C) 日本人口学会広報委員会, 2000-.
All Rights Reserved.
First drafted August 30, 2000
Last revised February 2, 2019